Major

Posted 5月 3rd, 2017 by ゆうなパパ

 「少佐」というと誰を思い出すでしょうか。

 赤い彗星のあの人か、攻殻機動隊のあの人か。
 まあ、後者からの話題なんですが。

 「ゴースト・イン・ザ・シェル」実写版はハリウッド映画なので、当然英語なわけです。
 ビートたけしはきっちり日本語なのに、相手のスカーレット・ヨハンソンは英語で答えるというユニークな映画だったりしますが。

 で、少佐は「Major」となっています。
 陸軍か空軍ってことですね。

 階級の名前が海軍・海兵隊は違うわけで。
 

 海軍だと少佐は「Lieutenant Commander」ですが、これを「Lieutenant」とか「Commander」と略してはいけません。
 「Lieutenant」は大尉ですし、「Commander」は中佐ですから。

 この「Lieutenant」は警部コロンボでお馴染みでしょう。
 「警部補」のことですね。

 米語では「ルーテナント」と分かり易いんですが、英語だと「レフテナント」になります。
 どこに「F」が入る要素があるんでしょう?

 「警部」なら「Captain」ってことになります。
 「キャプテン・コロンボ」だと、何の作品か分かりにくいですけどね。

 陸・空軍で「Captain」は大尉、海軍では大佐になります。
 同じキャプテンでも、かなりの階級差です。

 
 日本の自衛隊で言うと、少佐は「3佐」です。
 「3等陸佐・3等海佐・3等空佐」が正式名称です。

 知らなかったんですが、警視庁ってちょっと違うんですね。
 警部補は「主任」で、警部は「係長」らしいです。
 「太陽にほえろ!」でボスが係長なのは警部ってことなんだと、今さらながら知ったわけで。

 
 で、「Major」(メィジァ)なんですが、「少佐」の響きの方が好きです。

 というか、「草薙素子」じゃなく「ミラ・キリアン」ってのが生理的にムリですから。
 もっとも、あの顔で「草薙素子」ってギャグは避けたんでしょうけど。

 まあ、シェル(殻)は白人でも、ゴースト(魂?)は日本人であればいいんですが。


コメントをどうぞ

(ご注意:全角文字がない投稿はできません)

計算式を完成させてね 必須 Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.