なぜ?日本語と英語で逆の意味

Posted 6月 15th, 2020 by ゆうなパパ

外来語には本来の意味とは違うものが結構あります。

例えば、ショートケーキは「short」の「サクサクする、ボロボロする」というケーキだったのですが、まったく違うものになってますよね。

あるマンガ(異世界もの)で「バージンのまま死ぬのは不本意」「この状況でよく軽口が叩けるわね。だいたいあんたは男で…」ってシーンがあったんで、「ん?」ってなりました。

日本では通常、女性の方に「バージン」、男性の方に「チェリー」を使いますが英語では違うんです。

virgin」処女・童貞
https://ejje.weblio.jp/content/cherry

「cherry」サクランボ、処女膜・処女性
https://ejje.weblio.jp/content/cherry

つまり英語では、「ヴァージン」は男女とも使い、「チェリー」は女性に使うわけです。どうして違っちゃったんでしょうね?

ちなみに「hymen」(はぃめん)って単語を思い浮かべるとき、「背面飛び」を連想します。「hymen to be …」って何かを暗示してそうですよね。


コメントをどうぞ

(ご注意:全角文字がない投稿はできません)

計算式を完成させてね 必須 Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.